首都圏最大級のインドアゴルフスクールのステップゴルフ!フランチャイズオーナー大募集!東京・神奈川・埼玉に続々店舗展開中!

コンドル!!

こんにちは!営業開発部の加藤です!!
今回はゴルフ用語からのお話です。
実際にラウンドプレーされるゴルファーの皆様には聞きなれた言葉「パー」「ボギー」等の呼称ですが、ここでコースを回ったことのない方々に簡単にその説明をしますね。
そもそもゴルフというスポーツ(競技)は18ホールで1ラウンドとなっていて、1ホールごとに規定打数が決められており、規定打数±0の時に「パー」となります。
たとえば「パー4」のホールを4打(4回)でカップインすると規定打数ちょうどですので「パー」となります。ま、この「パー」をとるのが難しいのですが(汗、、、)
この規定打数より1打多いのが「ボギー」、さらに1打増えるごとに「ダブルボギー」「トリプルボギー」となります。
逆に規定打数より1打少ないものは、「バーディー」と呼ばれます。「バーディー」は英語で「小鳥」。
更に1打少ないのは「イーグル(鷲)」と呼びます。 そして更に1打少ないのは「アルバトロス(アホウドリ)」で、ここまでくると、プロゴルファーでも中々でないですね。だってパー5を2打でカップインするのですから!

ですが、皆さん、驚くなかれ!!これ以上の最小打数の呼称があるのです。

それが「コンドル」!!! パー5を1打でカップイン!いわゆるホールインワンですが、ショートホールならいざ知らず、、、ここまでくると、驚愕です。

過去の記録では4例があるそうです。 やっぱり飛距離は大切ですね!

皆さん、ぜひステップゴルフで飛距離のベースとなるスイングの基礎を固めてくださいね!

複数店支援制度の詳細はこちら

複数店支援制度の詳細はこちら